CoSy+

プリザーブドフラワーショップ 「CoSy Flowers」のCoSy(東京在住、奈良出身)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
夏越の祓
夏越の祓


今日、6月30日は「夏越の祓」。
上半期の穢れや災いをはらい清める日。

最近、何だかいろいろあるので、
一足早く、ご近所の八幡様で茅の輪くぐりをし、人形(ひとがた)を
納めてお札をいただいてきました。
どうぞ災厄を祓っていただけますように。

写真は、この日に食べる「水無月」というお菓子。
小豆の乗ったういろう菓子です。
この時季以外でも食べたい素朴で美味しいお菓子ですが、
今年はバタバタしていて買いに行けなさそう。

この写真は2年前の6月30日のもの。
お茶碗は六つの瓢たんが描かれていて、六瓢(むびょう)→無病を表します。
みんなの無病息災を願って。
スポンサーサイト
ドラゴンとしんのすけ
先日、ブログに書いたしんのすけくん
6月3日にニュースで紹介された特集が、
7月9日21:00までの期間限定で日本テレビの動画サイトで見ることができます。

ぜひ、しんのすけくんの描く絵をみてあげてください。

<HP>
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」 リアル特集ページにて。

HPにつながったら、左サイドのメニューのHot!Hot!Hot!のカテゴリーより
「ドラゴンとしんのすけ」をクリックしてください。

動画は15分52秒あります。
ホテル ノワラスール
秋篠の森1

奈良の秋篠寺の近くにある「秋篠の森」。
住宅地の中に、そこだけぽっかりと緑の森に包まれていて、
お食事がいただける「なず菜」 作家ものや雑貨を扱うショップの「月草」、
そして2室だけのゲストルーム「ホテルノワラスール」があります。
奈良で人気の雑貨&カフェ「くるみの木」と同じ石村由起子さんがオーナーで、
私はこちらの方が静かで落ち着くので好きです。

秋篠の森2

入り口の門から見たところ。
5月末だったので、新緑がきれいでした。

森の小道

野草や可憐な花が咲く森の小道。

ジューンベリー

ジューンベリーの実もちょうど色づき始めて…。

ノワラスールエントランス

今回の目的は、ノワラスールへの宿泊。
2室しかないので、なかなか予約が取れません。


ノワラスールロビー

ノワラスールのロビー。

ノワラスール部屋

石村ワールドが広がるお部屋のしつらえです♪

ノワラスールお風呂

お風呂はヒノキ。

周りにはなーんにもなくて、夜になるとすることがないのですが、
この静けさが心地よくて、テレビもつけずに、
お部屋に備えてあったCDをBGMに、読書。
ある意味、とっても贅沢な時間♪

なず菜夕食

夕食は、レストランの「なず菜」で、
奈良の地野菜を使った創作和食のコースをいただきます。
キャンドルのあかりがゆらめく、ゆったりとして落ち着いた室内で、
作家ものの器たちで…。(暗いので写真はうまく撮れない…涙)

なず菜朝食

感動ものの朝食。2人分なのに、このおかずの種類と量。
美味しくてついつい食べ過ぎて動けなくなりました…(汗)。
カレイももちろん焼きたて。
この後、茶粥と厚焼き玉子が運ばれてきました…↓
なず菜朝食2

いつにもまして、お食事の写真がイケてなくてすみません

なず菜の夜のお食事は、家族と何度か来たことがあって、
もちろんとても美味しいのですが、
宿泊しないと食べられないこの朝食には感動しました。
シンプルなメニューがどれもこれも美味しくて…。
いい素材が使われているのがわかります♪

あまりにも美味しかったので、洋朝食もあるといいのになぁ…と贅沢な願い。

「秋篠の森」は、いわゆる奈良の観光スポットからは離れているので、
わざわざ足を伸ばさないといけない場所ですが、
ここを目当てに全国から来られるのもわかります。
泊まられた方が、次の宿泊を予約して帰られるそう…。

レストランも完全予約制で、お休みの日もややこしいので、
HPで必ず確認なさってくださいね。

++++++
秋篠の森
〒631-0012 奈良市中山町1534

*近くに、仏像の伎芸天で有名な秋篠寺がありますよ。

大学は美味しい!
奈良漬モナカアイス

先週、新宿タカシマヤで開催されていた「大学は美味しい!」フェア。
全国の大学の研究室で産まれた「大学ブランド食品」のイベントに、
新宿での用事のついでに立ち寄りました。

お目当ては、奈良女子大学のコーナー!
写真のアイスモナカの他に、奈良漬を使ったカステラやクッキーなどの
スイーツがありました。

カステラが白あんとこしあんの2種類あり、どっちにしようかと迷って、
お店の女の子に、「どっちを買おうか迷っちゃうわ」と言ったところ、

ズルズルっとよだれの音!

目の前の女の子、こちらの商品開発の研究をずっとやってきた学生さんで、
「わっすみません!
 私達はずっと、こちらのこしあんバージョンの商品開発をしてきたんですけど、
 何だかそのときの美味しい味を思い出して、よだれが出てしまいましたっ!
 すみませんっ!
 白あんの方はその後にできたんですけど、こちらも美味しいですっ!
 私達、奈良が大好きで、何とか奈良の美味しいものを作りたいと思って。
 最近、他のケーキ屋さんにも奈良漬を使ったスイーツが増えてきて
 嬉しいんですっ!」とのこと。

何かもう、その素直さと一生懸命さがかわいくて、
「じゃあ、ここにある商品、全部1つずついただくわっ!」と
大人買いしてしまいました。
それがこちら↓
奈良漬商品たち

奈良漬を使ったカステラの白あんタイプとこしあんタイプと、サブレと、
アイスクリームとアイスモナカ。
他に奈良の地野菜の大和まな、小しょうがを使ったアイスモナカ。
(このアイスモナカ、大きいの!)
こんなに奈良漬味のものばかりどうするねん…って感じですが。
ねーさんの心意気です☆(笑)

「私も奈良出身なの! これからも奈良の良さを伝えていってね☆」
と一言添えてしまったのは、ねーさんというよりは、おばちゃんど真ん中?

++++++++
そのコーナーには、奈良の八重桜の酵母を使ったお酒も売られていました。
これ、今まで紹介する機会がなかったのですが、とてもフルーティで美味しいのです。
なぜここで買わなかったかといえば、我が家では買いだめしてあちこち配るぐらい、
すでに気に入っているから…!!
奈良の八重桜



「奈良の八重桜」 醸造元は、あの春鹿で有名な今西清兵衛商店。
東京日本橋にある奈良まほろば館で買うことができます。
我が家のキャンドルナイト
キャンドル2009

6月20日から、今年の100万人のキャンドルナイトが始まっています。

一晩中、電気を消してキャンドルだけ…というのはさすがに厳しいので、
日が沈む頃、そろそろ電気をつける?という時間帯に、
しばらくキャンドルをつけて過ごすことにしています。

今年の我が家のキャンドルは、
サンタマリアノヴェッラのアロマキャンドル ザクロ
灯芯が最初に燃えてしまって、炎が短いのだけれど(涙)、
アロマの香りに癒されています。
ミラノの風が吹いてきた♪
お土産チーズ

先日、敬愛するミラノ在住のデザイナーKさんが、
秋冬コレクションの為に帰国されていたので、
中目黒でランチをしました。

その時に、
↑のパルミジャーノレッジャーノとオリーブの瓶詰めをお土産にくださったのですが、
これがイタリアの新聞紙に包んであって、さりげなくてかっこいいのです☆

前にワインを頂いたときも、新聞紙にくるくるっと包んでグログランのリボンが
結んであって~…。

ふわぁーっと、ミラノの風を運んで来てくれたよう…♪

以前お会いしたときに、レモンのパスタのレシピを教えてくださって、
「一度作ってみます!」と言っていたのを覚えていてくださり、
「このチーズ使ってみてね…」って☆☆☆。

こういう、さりげなくて気配りのできる贈り物って、本当に素敵です。
そんな贈り物ができる女性は、ものすごく素敵っ!

++++++
教えていただいたレモンのパスタのレシピを…。
シンプルでさっぱりしていて美味しかったです!

 パルミジャーノレッジャーノをさいころ切りにして、
 あればイタリアンパセリを刻んだのを入れた中に、
 茹でたパスタを入れて、たっぷりのレモン汁をしぼりかける。
 オリーブオイルもちょっと入れるといい。
*チーズの塩気で十分なので、味付けにお塩は入れない。
  なので、パスタはしっかりめのお塩で茹でた方がいいと思います。
*パスタはオレキエッテ(耳たぶの形のやつ)とかペンネが合うそうですが、
  私は、家にあったスパゲティで作りました。
  美味しかったですよ♪
リボンを添えて…。
ラウンドアレンジ

もうずいぶん過ぎてしまいましたが、
このアレンジは、母の日のショップ商品用として作ってみたものの、
記事にアップする前にお嫁に行ってしまった子たちです。

ベース・リボン

ベースは、白いシンプルな器にリボンでちょこっとアレンジして…。

リボン・ピンク

ピンクの方は、こんな感じ。
リボン・グリーン

グリーンの方は、こんな感じでした♪


夢を叶える仕事と人生の物語
何度か記事に書いている、奈良の雑貨&カフェ「くるみの木」のオーナー、
石村由起子さんの新しい本が発売されています。

「私は夢中で夢をみた」 
  -奈良の雑貨とカフェの店「くるみの木」の終わらない旅-


その感性から繰り広げられる穏やかであたたかい空間には
いつも魅了されっぱなしなのですが、
ご本人は、たおやかな風情からは想像もつかないほど
本当にパワフルで行動的な方☆

その行動の原動力になっているものは何なのか、
どうやって夢をかなえてきたのか、
そして、どうやってその素晴らしい美意識をはぐくんで来られたのか…ということが
わかる本です。
由起子さんがしゃべっている口調そのままで書かれているので、
本当にご本人のお話を聞いているみたいな気持ちで読み進んで
しまいました。
由起子さんいわく、「さらけ出しすぎた~」って。

奈良のはずれでカフェを始められて25年、
今は全国から人が集まる場所に育てられた、その情熱が伝わってきて、
「私も頑張ろう♪」と思える本です。



+++++
5月に帰省したときに、石村さんがオーナーをされているゲストハウス
「ホテルノワラスール」に泊まりました。
何から何まで、とても素敵でした☆
写真も撮ってきたので、また別の日に記事をアップしようと思います♪
イメージはウィスキー☆
シャンパングラス0604

先日、あるバーへの贈り物用にとご注文いただいたアレンジです。

母の日に紹介したこちらのアレンジを気に入ってくださって、
これをもう少しシンプルにした感じで…というご希望でした。
このアレンジ、かなり人気者です♪

贈られる先のバーの雰囲気をお聞きすると、
「ウィスキーな感じ。」とのこと。
きっと、ダークブラウンのウッディな感じで、落ち着いた雰囲気なんだろうなぁと想像して、
大人っぽくフューシャピンク×ライトグリーンの反対色でまとめてみました。

お店にお持ちになられたら、
ぴったり、マッチして、グー!だった☆そうで、
周りの方にも好評でしたとメールを頂き、良かった

このお客様、こちらにご注文いただくまでに、
お店で売っているプリザーブドフラワーをあちこち見て回られたけれど、
なかなか気に入ったものがなかったそうです。
こちらのアレンジの他にも、さくらいろリースをご自分用に…、
お友達がローズキューブボックスを…、とご注文くださって、
とても嬉しかったです♪

それにしても…、
ウイスキーな感じ…って、意外だけれど秀逸な表現ですよね♪

私はアナグマ。
まつもとしんのすけ」くんってご存知でしょうか?
ニュースやドキュメンタリー番組でも取り上げられた
天才イラストレーター。

彼は自閉症なのです。
絵で気持ちを伝えます。

そして、彼は動物の絵しか描きません。
いつも楽しそうな動物達がたくさん登場します。
色使いもとても美しくて…。
彼の絵を最初に見たとき、ハッと目を奪われました。
とても明るくて、
何ともほのぼのと幸せな気持ちになるのです。

先週の日曜日、新宿のブックファーストで
しんのすけくんの本出版記念の作品展があり、
ぜひご本人にお会いしてみたい、じかにそのイラストを見たい…と
出かけてきました。

しんのすけくんは、人の似顔絵も動物です。
彼の目には、人間も動物に見えるそうです。
それもパッと一瞬見ただけで。

彼の目には、私はどう映るんだろう?と
ドキドキ…。

背を向けて座っていた彼が一瞬振り向いて、目が合ったか合わないか…
そのままペンをすらすらと走らせて、丁寧に色を塗って、
「ハイ!」と渡してくれたのが、この絵です。
アナグマイラスト


そう、アナグマです。
ちょっと意外で(笑)、最初とまどったのですが、
「これは、アナグマ?」と聞いたら
「うん、アナグマ!」と嬉しそうに答えてくれました。

実物をスキャンしたので、微妙な色合いが出ていないのですが、
とても丁寧なグラデーションで塗られています。

うふふ、この意外性といい、レア感といい…
「アナグマ、ちょっと嬉しいかも…

でも、「どうして、私はアナグマなんだろう?」という疑問はずっと続いています…。


+++++++++++++++++++++++++++
「ドラゴンとしんのすけ」
ずっと密着取材しているテレビ金沢の編集。
しんのすけくんとお母さんのスゴさがわかる本です。
会場で手に入れて、帰ってから読んだのですが、
お会いする前に読んでいたら、もっと伝えたい気持ちが
いっぱいあったなぁ…。
いい本でした。
因みに火を噴くドラゴンはお母さんなのです…(


「みんないっしょ」
同時発売の絵本です。
イラストがしんのすけくん♪






kotiシリーズ スタンドブーケ
koti スタンドブーケ

こちらは、同じく阪急百貨店で行われた「奈良のたからもの展」に出品した、
kotiシリーズの 麻とプリザーブドフラワーのスタンドブーケです。
例の、初日に売れていたという、幻の作品(?)です。

ホルダー部分に麻を使っています。
麻のしゃっきり感を生かすにはどうすれば…と考えて、この形にたどりつきました。
ブーケというには不思議な形?になりましたが、
以前から、ブーケって持っているときはいいけど、
置いた時にお花がつぶれてかわいそう…と思っていたので、
我ながらナイスアイデア!?

ホルダー部分をいかすために、お花はごくシンプルに。
ブーケも小さめで、森の中のウエディングをイメージして。
このシンプルさ、かなり気に入ってます。

このブーケを買ってくださった方、どんな方かなぁ?
ウエディングブーケとしては、かなり会場やドレスを選ぶデザインだと思うので、
アレンジとして飾ってくださっているのかしら?

気に入ってくださって本当にありがとうと感謝しつつ、妄想はふくらみます…(笑)。

++++++++++++++++++++
このブーケへのお問い合わせは、
メール(info★cosyflowers.com ★を@に変えて送信)にて
お願いいたします。
kotiコサージュ
あっという間に6月に入って1週間以上過ぎてしまいました。
涼しかったり蒸し暑かったり、気候が不順なので、体調を崩さないでくださいね。
…という私は、若干崩し気味です…。でも大丈夫です。

遅くなってしまいましたが、
大阪の阪急百貨店での催しに足を運んでくださった皆さま、
どうもありがとうございました。
嬉しいコメントを送ってくれた友人達にも感謝!です。

新型インフルエンザが阪神地区を直撃していた時期で、
うろうろお出かけするのはかなり勇気が必要()だったと
思うのですが、本当にありがとうございました。

会場で写真をおおっぴらに撮るのは、はばかられたので、
事前に撮ったコサージュの写真を掲載します。
kotiコサージュ


奈良晒の歴史を伝える麻屋さんの2種類の麻地とプリザーブドフラワーを
使ったコサージュです。
くるみの木25周年記念の作品なので、「くるみの木」らしいものを…ということで、
ごくごくシンプルにさりげなく、でも優しい感じに仕上げました。

会場でもボックスのまま陳列されていたので、見えなかった部分なのですが、
実は、
コサージュ裏

裏に鹿のスタンプを押してあります。
奈良だから。 
見えない裏にこだわり☆だって自分がお客様だったら嬉しいもん。
自己満足?だけど、お気に入りの部分です。

いつもは、メールで直接お客様とやり取りをしているので、
商品をお納めするときは、お目にかかったことがない方でも
何となくこんな風な方だろうなぁ…とイメージができていて、
自分の作品がその手に渡るところを妄想(!)できるのですが、
今回初めて、商品を卸して店頭販売していただく、ということで
いろいろ勉強させていただきました。

ラッピングや梱包一つにとっても、
いつもだと、
CoSy→(宅配業者)→お客様(場合によっては→ご贈答先)という流れですが、
今回の催事の場合は
CoSy→宅配業者→納品先のショップ→配送業者→
百貨店(陳列担当→販売担当)→(宅配業者とか外商担当も入るかも?)→お客様

と、多くの人の手を渡る流れが想定できたので、かなり気を遣いました。

頭の中でいろいろシミュレーションして、一つ一つ考えて、いつもと違うシチュエーションに
脳みそくんも疲弊しましたが(キャパが少ないから…笑)、
今後やっていく上でいい経験をさせていただきました。

たくさんの方に作品を見ていただけて、そして私もたくさん勉強させていただいて、
本当にいい機会をいただけて感謝しています。

これからもがんばろう…☆


++++お知らせ++++
麻とプリザーブドフラワーのコサージュをご希望の方がおられましたら、
メール(info★cosyflowers.com ★を@に変えて送信)にて
お問い合わせください。




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。