CoSy+

プリザーブドフラワーショップ 「CoSy Flowers」のCoSy(東京在住、奈良出身)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ころころローズ
ころころローズ

このローズ、プリザーブドフラワーです。
ころころしていてかわいいの♪

ご注文のブライダルブーケに使う予定で、出して眺めていたら
本当にかわいいな~って、ついニヤニヤ

幸せな気持ちになって、お作りするテンションも上がります

つくづく、花嫁さまにぴったりのローズだなーって思ってしまうのです。
スポンサーサイト
エピソードが生まれるアレンジ?
What's your target?


ある贈り物用アレンジのデザインを考えるために、
花材をポンポンと並べてみました。

この赤・青・黄の三原色使い、普段の私だったらほぼ使わない色あわせ!
でも、贈り先の方のプロフィールを考えると、
このアレンジには、ぜひ、この色を使いたいのです。
そして、言うならばもう一つ使いたいのがゴールド☆
それもキラッキラッの金色!!
ヒカリモノをあまり使わない私としては、
ありえない組み合わせ…。

◇◇◇

お納めするまで時間のない場合は難しいこともあるのですが、
贈り物のご注文を頂くと、相手の方のプロフィールをお聞かせいただいています。
好みのスタイルや色はもちろん、
差し支えない程度に、ご職業や趣味、お好きなもの…etc、etc。

できるだけ、贈り主さまの気持ちに寄り添いたいから。

オーダーメイドは、贈り主にとっても贈られる方にとっても、
どこを探してもない「ただ一つのもの」。
贈り主の想いをふくらませて、お花で表現するアレンジ、
受け取った方も、ただ「嬉しいわ」「ありがとう」だけではなくて、
もっと贈り主への想いを深くするものであって、
そして、また新しいエピソードが生まれたらいいな…と
最近、強く思ったりします。

◇◇◇

さて、この三原色アレンジ。
この私らしくない色を使いつつ、私らしいスタイルで仕上げたい。
さぁ、出来上がりはどうなるでしょうか?
自分でも楽しみです♪
オールドローズのプリザーブドフラワー
kabuki

アレンジする前のプリザーブドフラワーのバラ。
一輪づつ、大切にカップに入れて梱包されています。

満開になる手前で加工してあるので、ぎゅぎゅっと詰まっている感じ。
なので、アレンジするときはちょっと手間をかけて、
一輪づつ花びらがふわっとほころぶように開かせてあげます。

最初は、花が開ききるうちに摘まれてしまってこんな姿に…と
かわいそうな気もしたのですが、
本当は、もっと咲きたかったンだもんね…って、心を込めて開いてあげると、
とっても華やかに綺麗になってくれて嬉しくなります。

写真は、ころんとした花姿が愛らしいロゼッタ咲きのオールドローズ。
プリザーブドフラワーには、こんなバラもあるのです。
もうクリスマス?
スパークリングローズ

今週は、プリザーブドフラワーのメーカーや業者さんによる
秋冬ものの内覧会が続いています。
お花なのに、シーズン先取り!
会場はクリスマス!クリスマス!

わっ、これかわいい、これステキっ!といろいろ目に付くものの、
冷静に、冷静に。
手元に届くのは4ヶ月近く先なのですから、
その時の気分で、本当に使いたいものかどうか自問自答しつつ。
でもディスプレー用の小物などは、
店頭に並ぶ前に、内覧会で売り切れてしまうものもあると聞くと
胸さわぎます。

花材も、新しい商品がいろいろ出てきそうで、楽しみです。
メーカーもほんと頑張ってる!

写真は、あるデモンストレーションのおみやげで頂いた
新色のスパークリングローズ。
バラの花びらに細かいラメがスプレーされているのですが、
ラメの光具合がとてもお上品なのです。
大輪のバラ
アモローサ

美しいですねぇ。
これもプリザーブドフラワーです。
直径9cm以上ある大輪のバラ。
この大きさになると、生花の質感とホント変わりません。
なかなか使うことがないのですが…

一口に「バラ」と言っても、
いろんなメーカーから、色合いや質感もさまざまなプリザーブドフラワーが
出されています。
それぞれに特徴があって、扱い方も変わってくるので、まだまだお勉強中♪
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。